ごあいさつ

ライフライン

昔から物流とは、人間の体で例えるならば血液の流れに例えられ、経済活動において重要な役割を担うと共に、文字通りの生命線=ライフライン(生活インフラ)と表現されて来ました。
そして今回の東日本大震災により当社も被災し、従業員と共に避難所で過ごしましたが、その避難所もライフラインが寸断され、物資も無い中流れ着いた食料を拾い飢えを凌ぐ被災者を目にし、物流に携わる者として改めてライフラインの重要性を肌で認識し、復興に向けての課題として、その一端を担う企業として社会的責任を果たせるよう、その体制作りに取り組んで参ります。

これからの物流

当社は創業以来、食料品の配送に重点を置き、食品の安全・安心をモットーとし、様々な顧客ニーズや課題に応え続けてきました。現在では大手食品メーカー・スーパーなど約100社以上にも及ぶお客様が当社の物流システムを利用されています。
当社では、これからの配送センターを利用した共同物流事業を一層推進してまいります。その基盤となるのは物流ネットワーク、全国の協力会社との拠点を軸に業務提携を行い、高品質の物流ネットワークを構築しています。ソフト面としては、デジタル運行管理システムにより、リアルタイムに運行車両を管理し、ジャスト・イン・タイムと言ったキメの細かい配送等、最適な配送コースを構築し、輸配送コストのスリム化を実現しています。
また、食品専門の3PL事業者として「安全・安心」という視点から貨物の品質管理などを徹底すべく、長年にわたって蓄積したノウハウを活用し、ライフスタイルの変化に伴う食品業界の様々なニーズにお応えし、お客様に最適な物流ソリューションを提案しています。

信頼出来るパートナー

当社はお客様とお客様を繋ぐ架け橋で有りたいと思っております。
石橋を叩いて渡ると言うことわざがございますが、橋を渡る度に叩きますか?
橋は雨にも風にも動じる事無く、いつでも安心して渡れなければならない
お客様が送る荷物の先に、必要としているお客様が待っています。

より多くのお客様を繋ぐ架け橋として・・・門馬商事株式会社

会社概要

社名 門馬商事株式会社
事業内容 一般区域貨物運送事業、食料品・冷凍・冷蔵品の配送、原木の運搬・海上コンテナ輸送
資格免許 東北陸運局免許 東北自貨第806号 取扱事業 東北自貨第697号
資本金 2,500万円
代表者 門馬 勇人
設立 昭和57年5月
沿革

平成  8年 石巻営業所開設

平成16年 仙台営業所開設
平成18年 多賀城市へ仙台営業所を移設

平成17年 本社・石巻営業所統合

平成17年 本社低温物流センター設立
平成25年 仙台物流センター設立

従業員 30名
●ドライバ/27名
●事務員/1名
●運行管理者/1名
●整備管理者/1名
車輌 26輌
●10t車(冷凍車)/10台
●10t車(冷凍ウィング)/1台
●4t車(冷凍車)/13台
●4t車(冷凍ウィング)/1台
●3t車(冷凍車)/1台
トラック トラック
トラック トラック
主要取引先 (株)ロジスティクス・ネットワーク、日本水産(株)、中央魚類(株)、(株)キャリーシステム、東海澱粉、(株)ニチモウフーズ(株)、(株)ホンダ水産、(株)海幸、行場商店、(株)渡会、福岡運輸(株)、宮城西濃運輸(株)、伊藤ハム(株)、(株)大地フーズ、新潟冷蔵(株)、東日本冷凍(株)、水野水産(株)、大興水産(株)、三波食品(株)、(株)ヒューテックノオリン、その他約60社
取引銀行 東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、商工組合中央金庫、岩手銀行、石巻商工信用組合、七十七銀行、石巻信用金庫